1. ホーム
  2. 取扱製品
  3. 病理関連試薬
  4. 中性脱灰液 EDT−X

EDT−X(イーディーティーエックス)

EDTA脱灰液(中性脱灰液)★★★1/31新発売★★★ 

ケーシーエックス

組織への影響の少ない脱灰液。調製済みなのでそのままで使用できます。

  • EDTA脱灰液

特徴

  • 一般的な10%EDTA 脱灰液と比較し脱灰時間が短くてすみます
  • 組織に対する損傷が少なく、免疫染色等に適しています
  • 骨などの硬組織は30 日以上浸漬しても染色への影響が少ないので安心です

仕様

《使用法》

  • 原液を常温(15 〜 25℃)で使用します
  • 十分に固定・脱脂した組織を組織の50〜100倍の容量のEDT−Xに浸漬します
  • 溶出したカルシウム化合物の再沈着を防ぐため、液は1 〜 2 日ごとに交換します
  • 1 日2 回程度、針もしくは刃を入れて脱灰の進み 具合を確認し、 組織に刺した針の抵抗がなくなれば終了です。その後は通常のプロセスで処理してください

包装単位

    1L×1本、1L×2本、 1L×4本
Back to Top